千葉県印西市小林 ふれあいと絆で助け合えるまちづくりNPO法人小林住みよいまちづくり会

(第26回)旧石器時代から人が住み続けている小林地区

26-1

東遺跡、道作古墳(遺跡)、馬場遺跡、 駒形北遺跡の発掘後に整備された道路

小林地区には数多くの遺跡、古墳があるが、特に小林小学校から道作古墳あたりの遺跡あとから推定すると旧石器時代の1万5,000年前から、紀元600年代の古墳時代、そして現在まで継続して人が居住してるらしい。いわゆる高台には至る所に土器のかけらが今でも散見されるし、道作古墳前道路の工事中には竪穴の遺跡が相当数出土していたのを見かけた。
「印西歴史読本」によると結構貴重な出土品もあるようである。
大して広域とは言えない「小林地区」であるが、数多くの古墳及び遺跡が残されており、小林ウオーキングも今年で11回目になるが、旧石器時代からの歴史散策、小動物の宝庫と結構贅沢なコースである。  (下田)

小林発見シリーズ

小林発見シリーズ


PAGETOP
Copyright c 2015 NPO法人小林すみよいまちづくり会. All Rights Reserved.