今日は暦のうえでは「大寒」で寒さを感じるはずでしたが、1カ月以上前の「小春日和」みたいに暖かな日でした。

落葉をかき分け「スイセン」の芽がでてきました

カンナの芽もでてきたようです

小林中の前の調整池にはカルガモが100羽以上、あおくびアヒルなどものどかにしていました。管の前にはチュウサギでしょうか、餌を獲るのに夢中になっていました。

随分と早い「フキノトウ」が出ていました

道作古墳を散策しましたら、落葉の間から春に咲く花の芽が出て来てるようでした。