今週の月・水・金と3日間、道作古墳の桜の咲きぐあいを観てきました。中一日で樹の印象がガラツっと変わってしまい、桜の開花期間の短さをつくづく実感しています。

なんせ、4月8日(日)にこの桜の樹の下で開催を計画している「道作古墳群見学会」まで花が持ってくれるのか気になっています。見学会では野点もやりますので、野点傘や緋毛氈の上に花びらが舞う雰囲気になることを期待しています。

 

両側のヤマザクラはもお満開か

真ん中のヤマザクラはまだまだこれからか

道作1号墳のヤマザクラもこれからか。ただ枝も少なく花も少ない感じ。過去、台風等で枝が結構折れてしまっている。

二年前の「見学会スナップ」