本日4月13日(土)大門下調整池に「大型の鯉のぼり」(「地域鯉のぼり」と今回から呼んでいます)が60匹泳ぎ始めました。明日からの予定で準備を進めていましたが、今日が非常に良いお天気でしたので試し泳ぎを兼ねてそのまま午後5時まで泳いでもらうことにしました。

近くにはまだサクラ(ソメイヨシノ)も咲いていますし、周りの小高い丘にはヤマザクラが緑の森の中にピンクかかった白い花を綺麗に咲かせています。ぜひ池の周囲を散策してみたら如何でしょうか。

朝9時過ぎに鯉のぼりを上げつつ支柱の調整作業に取り掛かりました。

揚げてる最中に早くも子ども達が見に来られました。

ワンちゃんも興味ありそうでした

アオクビアヒル夫妻は鯉を見上げることなくいつも通りに仲良く餌探しのようです

調整池の東側から

北側の道路から。風が止まってしまい静かな景色となってしまいました。

砂田方面から調整池を望む

アオクビアヒルも遠くから見ています

午後になり風が出てきて、対岸の道路側からも活発に泳ぐ地域鯉のぼりが素晴らしかったです。

朝一番で池を見たら、いつものように「カルガモ」やら「アオクビヒル」がノンビリと日向ぼっこをしていたのですが、こいのぼりを上げたら、いつのまにかカルガモは別な場所に避難してしまったみたいです。怖かったのかも。アオクビアヒルだけは悠然とそのまま残っていましたけど。

午後2時過ぎには風が強くなっていました。

 翌14日(日)は快晴の昨日と比べ、雲が厚く、午後には雨が降るかもしれないという予報もあり若干気になる天候でした。でも朝からカメラ片手に家族連れの方々が写真を撮りに来ていました。

 また、曇りは曇りで別な鯉のぼりが見えましたので以下に紹介します・・・。

昨日は青空だったためか、調整池の水面には気づかなかったのですが、今日は水面にも鯉のぼりがハッキリと見えました。

北側の道路からも水面に映る鯉のぼりが綺麗でした。風が吹くと鯉のぼりが激しく動くて良いのですが、一方では水面も波立つためこのような絵にならず、難しいですね。

一昨日あたりから田んぼには水を溜め始めていよいよ田植えが近くなった田園風景です。その先には、小林中学校、テニスコート、そして調整池の脇を泳ぐ60匹の鯉のぼり。

 今朝歩いていて気付いたのですが、鯉のぼりを揚げると,調整池でノンビリしていた「カルガモ」がどこかに飛んで行ってしまいました。大きな鯉のぼりに驚いたのでしょうか?すると専念寺裏の小川(宮作の)や、本埜スポーツセンタ近くの笠神の池には2羽ずつ「カルガモ」に出くわしました。取り敢えず驚いて調整池を飛び立ちますが、近くの水辺に避難してるようです。平日は鯉のぼりを揚げませんので、また戻ってきて貰いたいと願っています。もちろん「カルガモ」は留鳥ですし、調整池が気に入ってるようなので、2,3日後には戻ることでしょう。

 それにしても、いつも一緒に居る3羽の「アオクビアヒル」は飛び立つこともなく相変わらず調整池でノンビリしているようですので、種類によって習性が違うのですね。

 

今年は、鯉のぼりの掲揚場所が変わりました。