5月5日(土)青空そして心地よい風の下で、約500名くらいの来場者が集まるなか盛大に行われました。

4月中旬から84匹の大型鯉のぼりを土曜、日曜、祝日と泳がせてきましたが、家族連れの皆様が随分と足を止めて記念撮影をしたりしている光景が今年は随分と目立っていました。5日の子どもの日は場所を小林駅前マルエツ横のコスモプラザに移し、3,703匹から選ばれた「子ども鯉のぼり優秀作品」の表彰、昔懐かしい遊びゲームの数々、多数の模擬店、そしてステージ上での踊りなど沢山のプログラムを組みました。午前10時から午後2時まで4時間、地元以外の皆様にも大いに楽しんで頂けたのではないでしょうか。

開会式では、高橋理事長の開会の挨拶に続き、ご来賓の板倉市長、衆議院 白須賀議員、宮川議員、県議会 瀧田議員からご祝辞を頂き、表彰式、模擬店の開店、ゲーム、ショーへと移っていきました。

式典に先立ち表彰される皆さんの優秀作品をまじかで見ました。

 

 

 

 

 

 

 

3703匹が勢揃いしました。

 

 

 

表彰された皆様そろって記念撮影。おめでとうございました。

ショータイムの最初は、太極拳演技。会場の皆様も指導を受けていました。

毎年来て頂いて演技して頂いている「IMBAソーラン組」の皆様

「印西ゆめ太鼓」の皆様。今回は新たな曲も盛りだくさんでした。有難うございます。

変調印西音頭「KOTA」今回は4人で踊ってくれました。

変調印西音頭「よつば会」の皆様。初めてのステージですね。

「フィ・イア・オ・カフラフラダンス」チームの皆様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「印西音頭保存会」の皆様は来場者と一緒になり大きな輪となっていました。

 

子ども鯉のぼりを会場にて制作もしました

昔懐かしの「ベーゴマ」「コマ回し」「フラフープ」「ヨーヨー」

お餅の無料配布は人気沸騰で、早々に店じまいになってしまいました。

トン汁も好評でした

焼きそばも大人気でした

手前に和菓子、そして新鮮な野菜も並びました

レトロな感じの品が並んだフリマ

フラフープ、ヨーヨー、ベーゴマ、コマ回しと昔懐かしい遊び道具もいっぱい並んでいました。

珈琲、ポップコーン、綿菓子