いよいよ道作古墳の整備事業が本格的に動き出しました。4~5月にかけ道作古墳の墳墓とその周辺の草刈り等を実施してきましたが、写真のとおり明るく、スッキリした状態になりました。

施工中DSCN3285

(草刈作業中の会員)

 以前はなんとなく薄暗く鬱蒼とした環境で、あずまや及び4号、5号墳のある奥まで足を踏み入れるのを躊躇しがちだった方も多かったかもしれませんが、今大きく変貌しつつあります。

この8月には、あずまやの整備、ベンチ、散水栓、駐車場、園路、多目的広場、照明灯などの新設工事が完了する予定とのことで見違えるようになるはずです。

IMG_0001_11(すっきりした古墳および広場)

 鳥見神社、巴塚、道作古墳、小林牧場、平岡自然公園と続くコースは、我々が古墳の整備作業をしているとウオーキングやジョギングを楽しむ人達が急に目立つようになりました。最近特に多くなっているようで、ちょっとした推奨コースとなっているような傾向にあります。

 3か月後には中心にある道作古墳群歴史広場が様変わりし、この辺り一帯が、散策路として、なお一層人気が出てくることを期待しています。その前に、今現在の状態を是非とも皆様一度見に行って下さい(下田)。