2024年小林夏祭りが始まりました。

江戸時代後期から小林地区で伝統を引き継いできている「夏祭り」が各町内ごとに今年も開催されるようです。まず先陣を切って、台方八坂神社にて祇園祭神事が執り行われました。

来週14日の祇園祭模様を空から追いかけようとドローンがすでにホバリングしながら待機してました。

 7月13日には、例年のとおり第二週目土曜日として    「馬場八坂神社祭礼」が行われました。

馬場町内会の夏祭り(馬場八坂神社祭礼)は、梅雨真っ盛りの週末かと心配しおてましたが、晴れ間も見えてきて、暑い陽射しの中で行われていました。午前11時から神事が始まり、引き続き神輿渡御(巡行、練り歩き)に移り道作古墳を経由して「道作」、JR成田線に向かいました。ポスターの渡御(練り歩き)の経路図を見ると相当長い距離のようで、およそ6kmにも及ぶようで、それもアップダウンが多い路が多く神輿を担いで歩くのは余程の健脚でないと苦労された印象です。

馬場地区だけではなく、翌日以降に控えてる「台方」「砂田」も含めて小林地域は台地と田畑が連なっており、いわゆる「谷津」が多く一帯の地名も「作」(江戸時代からの地名で”谷津”の同義語として馬場地区では道作、花作、仁作などがあります。)

 

 

宮出しの前に11時より「神事」が執り行われました。鳥見神社に併設されている馬場八坂神社の社前に神輿が置かれています。

12時に「宮出し」。子どもも大人も元気よく、「山車」「神輿」が出発しました。

しばらくすると、市指定文化財の「道作古墳1号墳」や4号古墳、5号古墳を右手に見て進みます。これから右折するといよいよ「道作」と呼ばれる谷津に入り、予定では7時間かけて谷あり山ありのいわゆる「谷津」の道を進んでいきます。

 

この坂を上れば小林小学校の正門前です。しかし予定では7時頃宮入点に到着予定でしたが、もお6時になろうとしてました。これからまだ3時間くらいは掛かるかもしれません。
やはり暑さの影響でしょうか、「宿」での休憩時間も長かったかもしれませんね。

 

7月14日 八坂神社祇園祭り                     (台方・牧の里中町内会・八坂神社保存会)

朝から正に梅雨らしい天気で雨が降ったり止んだりでした。午前11時から神事が始まり、引き続き12時に「神輿」「山車」に宮出しに移りました。江戸時代から行われてる祭りの伝統でしょうか、雨のことには全く触れることなく淡々とスケジュールが進行していきました。